英語では変な意味の日本語

近畿大学が英語名を改めたということです。
今までは「KINKI UNIVERSITY」だったのですがこの「KINKI」の部分が英語の「kinky」と発音が近いためです。

近畿大学の学生が留学先で、自己紹介する際などに、笑われてしまうということが多発したそうで、英語の名称を変えて欲しいと言う要望がたくさんあったそうです。

なぜ笑われるかというと、kinkyという英単語には悪い意味があるからです。
日本では「変態」と訳されていますが、私が受けた印象ではそれよりも悪い意味で英語圏では使われていると思います。

そんな悪い意味がある単語の大学というのは、ちょっとびっくりされてしまうのもしょうがありません。
ちなみに、近畿大学の英語表記は、「KINDAI UNIVERSITY」に変更されたそうです。

私もそれでよかったのかもしれないと思いました。

ちなみに、「焼きそば」や「お好み焼き」、「てりやき」などもローマ字表記され英語圏で使われていますが、この「やき」という部分も「まずい」と言う意味の「ヤッキ―」という発音の英語に似ているため、英語のネイティブにからかわれることがあるのですが、「てりやき」が世界で人気のために、こちらは受け入れられているようです。

さすが、日本食のおいしさはパワーがあるなあと感心しました。
するるのおめぐ実 楽天