冷静で思いやり溢れる日本人に感謝

熊本の地震で被災した海外からの旅行者や留学生たちがそれぞれの国に帰って行ったそうです。
その際に外国人の方が口にしたことで私は温かい気持ちになってしまいました。

熊本で被災された外国人の人は、いずれも、日本人から温かい対応をしてもらったとのことだったのです。
言葉も100%通じない国で大きな地震に遭遇し、とても心細い思いを抱えた海外からの人に自分も被災したというのに、思いやりをもって接してくださった日本人がたくさんいたということです。

それから、こんなに大きな自然災害なのに、日本人はパニックにもならず、暴動も起きず、終始落ち着いた態度で他人を優先した対応を取っていたとうことを海外の人から聞いたときは、心が温かい気持ちになりました。

敗戦後、日本が大国になった理由を勉強しに来ていた留学生が、今回の地震でその答えが見えたような気がすると言っていたことも印象的でした。
常に理性的で取るべき対応ができる日本人に私も同じ日本人として、誇りを感じました。

多くの日本人と同じようにいつでも立派な対応ができるように普段から心がけたいと強く思いました。
海外の人達に日本のよい面をみせてくださった方々に私は感謝したいです。

これって、本当の外交だと私は思います。
政治家が外国にいって、偉い人に会うよりもずっと心に深く残る外交だと感じました。