学校の校舎の中で殺人

今度は、警察や救急のような仕事の現場で起こる殺人ではなく、誰もが知っている学校で起こる殺人事件の話です。

学校といっても今回メインとなるのは、高校です。

(なので、高校生にとっては読みやすい1つだと思います。)

本の名前・・・体育館の殺人 著者 青崎有吾

内容
旧体育館で、ある日放送部の部長が殺される?

外は激しい雨が降るばかり、殺された現場は密室状態。

その時現場の近くにいたのは、卓球部・演劇部などで、その中でも犯行可能といえる人物は卓球部の部長だけ・・

警察は卓球部の部長を疑うが、私、この本の主人公、柚乃は「先輩がそんな事するはずながない」と納得がいかない。
そんな柚乃は嫌疑をかけられた先輩を救うために、ある場所を訪れるその場所とは?
学園内随一の天才と呼ばれる裏染天馬という男子高校生の場所だが・・・
・噂では校内で暮らしていると言われる。
・少し変わったアニメオタクの男とも言われている。

一般的な事は、ダメだけど、推理の凄さはシャーロックホームズ波、天才青年の推理が今始まる。

この本の特徴
・普通はあまり推理小説についてる事はないんですが、見取り図がついていて、自分も探偵気分になりやすい。
・普通の警察が出てくるサスペンスと違い、探偵や子供の主人公が結構でてくるので、読みやすく、楽しさやユーモアがある小説です。

上に書いたように、学園で起きるサスペンスなので、初めて推理小説を読む方は、これに挑戦してから、本格的な推理小説を好きなるのもいい方の1つだと思います。