勉強しやすい小説ベスト4

読みやすくて、小説といっても・・・・

・犯人はアイツだ!の「推理小説」
・生きるか死ぬかは、この先を見ない限りわからない、次の目的に向かって出発!「ファンタジー小説」
・振られて、振っての繰り返し、いつか自分の運命の人にたどり着ける時が来るのよ!「恋愛小説」

このように、まだまだ種類は沢山ありますが、今回はその中でも、「読みやすく、私が読んで勉強しやすかった本」を3冊連続でで紹介します。

では、さっそく紹介に行こうと思いますが・・・1番に思うのが、勉強しやす本と言えば、まずは・・・

「ココは-45になるから・・この式は・・」などの数学や算数などの時に使う参考書や実用書(今はタブレットが多いと思います。)
「それで、この文章の意味は、辞典と事典の違いは、後は・・・想いと思いの違いはと・・・」文学などの勉強に使う漢語辞典
「6000年ぐらい前に生息していたティラノサウルスは・・・肉食恐竜で白亜紀にいて・・・うんそれで」の考古学・歴史などを調べる百科事典

勉強などの時に使われる本と言えば上の3つが多いと思います。

ですが、趣味で読書をするのに「参考書を読んで、ここを調べてう~んそうなんだ」では少し疲れます。

そこで今回は、「私がつい最近読んだ、小説」の中から勉強しやすい本を紹介したいと思います。

ではさっそくスタートです。
ルナメアac 楽天