凄い事を考えていたと言うが

数年前の大河ドラマ「真田丸」ですが脚本を担当した三谷さんのマジックがさく裂したと言います。
あのオープニングをナレーターがあると言うがこれが一番難しかったと思われている。

こうした所が面白いと思った人も多くいますが今週の情報誌にはあのことが書かれていた。
実はテーマ曲が最初から流れない回があったと言う。

この時にこの曲を流してストーリーをしようと思われた。
しかし、曲を担当した人には迷惑もある事や激怒するかもしれない事で没になったと言う事があった。

こうした事で悩んでしまった事で思いがつかないと言うがストーリーをどう持っていけばいいのか困った。

所が真田丸が誕生すると言う事で思いついたのがテーマ曲を最後にもって来たと言う事になった。
ここが三谷さんのマジックにははまったと思われたシーンだと思った。

あのテーマ曲が流れないと視聴者には抗議の電話を入れた人もいますが最後の当りに入れてきた事で面白くさせたと言う事になる。

こうして今年の大河ドラマもクライマックスへ向かっていますが最終回がなんか「無題」となっているのでなんでだと思ってしまう。
どの様にこの真田家を見続けたのかこのタイトルにかけていると言う事になる。

この日はどういった反応をするのか注目が集まっていると言う事になるのです。