スマホとの関りも影響があるが

総務省から大手の携帯電話会社の「実質0円」が認められない事でかなり是正をしている。
この様な事でこの店が閉店を次々としている事がわかった。

それが「カメラのキタムラ」ですがここはカメラなど取り扱っている。
しかし、そのカメラも売れなくなっていると言う。

その要因になっているのがスマホで気軽に撮る人が多くなってデジカメなど売れなくなった。
安くても同じような事になっている所もある。

こうした影響も大きくなっている事でこうした事態が起きていると言う。

もう一つの原因に上げているのが携帯ショップと同じようにして「実質0円」にしている。
これも規制がかかった事で売れ行きが怪しくなり今回の閉店をする容認になっている。

と言うのも既に鹿児島県の一部などは既に閉店はしていると言うが今回は全国各地の販売店で閉店をする。

今月末には閉店をする所もあるので今はセールを行っている。
残った店舗で再編となると言う事になるがここも難しいと思われている。

こうした店が閉店する事で大型家電量販店の強みだと思っている人も多いが携帯電話の0円に対する事が規制されないと思っている人もいる。
しかし、この様な規制になる事もあるのでこれから注目だと思っている。

これからだとどうなってしまうのか今後に注目だと思っているかも知れないと言うのです。